希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

国語読解問題が問題なのだ

もう夏休みも半分おしまい。悲観的な一郎は、うちの子はいったい前半戦で何をやったのかと自問自答しきり。


国語がとくにそう。読解が最近ますます怪しくなっている。量は結構こなしているのに、やっぱり完璧には程遠い。というかいまひとつ、いやふたつ。


国語なんて積み上げ。理解も記述も力の弱いうちの子に、最近急にやらせても効果薄なのはわかっていたはず。どうしようか悩んでます。ここままではまずい。


これに対し算数は、こなす問題の数が一番多いのに着実にやっていて、この前の夏期講習テストも、うちの子にしては結構いけている。


問題集やって、夏期講習教材やって、こなす問題の数もまあまあ確保できている。このままもっと調子をあげてほしいな。


社会のほうは、覚えても覚えてもきりないけど、間違えたところをしっかり覚えて、さらに強化するんだろうな。


ここにきて国語が心配になってきた。塾講師に相談しようかな。。。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。