希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

本気モードに入ったのかも、6年生最後のがんばり

今朝起きると、いつもは寝ているうちの子が起きて、テレビニュースを見ていた。それからすぐ朝学習をはじめ、いつもよりもプラスアルファの課題をこなして学校に行った。いつもぐずぐず言っていたのに、遂に本気スイッチが入ったのか。


引き続き算数との闘いが続いています。中受と言えば算数。おなじみの本科教室の課題はほとんどがどこかの中学の過去問で、容易ではありません。そのほかにもやることはいくつもあるけど、それでもやはり算数。これで受験結果が決まるんだと思うし、うちの子も焦点定まってきた感じです。


うちの子、もし中受していなかったら、今頃こんなふうにはなっていなかっただろうな。自分で考えて自分で勉強してという姿を見ると、随分成長したなと思わず考えてしまう一郎です。


そういえば、いろんな方がカリテの結果をアップしていますね。うちは、まだ見ていませんし、もうあまり興味がありません。あともう少しで本番。それがすべてと開き直った気持ちになっています。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。