希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

偏差が上がらないうちの子についてつぶやく

国語や算数やら一郎なりに一生懸命サポートしたのに、これですかっという気分が、まだしつこく胸の中で渦巻いています。なんだか徒労感ありあり、もちろん親的にという意味だけど。やっぱり折れるよね。。。


まあ親の勝手なエゴなわけですが、それにしてもうちの子のキャパの小ささに、なんだか少し寂しい気持ちがします。どうして伸びないのかなぁ。余計なサポートがサポートにならず、邪魔だったかなぁ。自分の勉強ならこんなに苦しまないのにね。。。


ちょっと力が入りすぎなので、100日を切ったこの機に子供の自主性にゆだね、外野は静かにしておこうと思います。結局、試験に臨むのはうちの子ひとり。親の出番じゃないし、偏差上がらないけど、最近勉強する習慣が身についてきたのでね。ため息。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。