希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

テストの結果にまた心が折れる

最近実力を上げてきた国語で大失敗していました。何故と尋ねると、問題文の意味がよくわからなかったそうです。算数も今一つ。がんばってるんだけど、本質が理解できていないんでしょうね。ひどいもんです。


あれだけやってきて100日前にこれでは、もう第一志望が無理なことは明らかですね。塾からも、第一志望は無理とは言われないけど、要するに、どうぞお好きにといった感じの言われ方をされています。


やはり子供一人一人の知的なキャパというものがあるわけで、うちの子は第一志望は無理なんだと改めて突き付けられた気持ち。やってもやってもどこかに穴が開き、全体の偏差はいつも同じくらい。偏差〇〇の壁が非常に高い。


100前だから早寝早起きでと言っても守れないし、一郎もそろそろどうでもよくなってきました。これって負けパターンかな。中受なんてどうしてするんだろう。一郎は公立に通って十分楽しかったけれどね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。