希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

合格力育成カリテの(皮肉な)結果

皮肉な話です。中受するかどうか本人が相当迷っていた時に受けたカリテのほうが、これまでより良い結果を残すなんて。


さっき掲載されたのを見たら、国語と算数はほぼ8割方、社会と理科はほぼ6割方、それぞれ得点していました。


一体どういうことなんだろう。迷いが多いほうがテストの点が上がるなんて。まあ、一郎はもう達観していて、こんなテストの成績などにはもう一喜一憂しませんが。。。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。