希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

日能研はいい加減にして、早くお辞めなさい

昨日も不順な秋雨だった。雨の日に家にこもっているのが好きな一郎です。今朝なんて出かける前、このまま家にいて静かにしたら、なんていいだろうと一瞬妄想しました。でも妄想にふけっている間も、運命の日、judgement dayに向けた秒読みは進む。受験家庭のプレッシャーが高まる。。。


うちの子はまだやめずにNに通っています。いい加減にやめろと言いましたが、行くと言って譲らない。いまの手持ち偏差じゃ第一希望は全然無理と言っても、まだ続けようとする。どうもあまのじゃくな性格らしい。誰に似た??? この期に及んで何をいまさら。もう受験戦争も終盤なのに。いったんリングを降りたのに。。。


いっておきますが、一郎は虐待父ではありません。なんでもいいから私立に入ってというような、妙な発想が嫌いなだけ。いじめてませんよ。ハ・ハ・ハ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。