希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

臥薪嘗胆、捲土重来、I shall return.

ごめん、今日は一日子供のことが気になって、仕事もそこそこに。すみません。一郎は本当に親バカです(泣)。


うちの子は、誰かに似て丁寧に仕事するみたい。先日の惨敗というか敗戦模試を改めてみると、例えば国語ですが、時間が足らずに焦って失敗した様子。たしかに問題もむずい。文章長長い。


読むのが遅い、理解が遅くて、書くのも遅いだと、成績優秀児をお持ちのブログ村村民に笑われそうですが、要するにそういうこと。不都合な現実。


ネット上で何か良い知恵はないか(あるはずないよね)探したり、考えたりしたけど、結局、その対策は練習。そういう結論になりました。工夫してみます。


国語ができる人がうらやましい。よい成績を披露でできる人がうらやましい。でも、勉強ってそんなものか。苦労し探し求めていくのが勉強。まだまだ完全敗北ではない。無条件降伏するまで闘う、わが子と一緒に。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。