希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

ひつじさん、ありがとう

ひつじさんという匿名の方からご意見を頂戴しました。女の方かな。


「中学受験や日能研を痛烈に批判されたかと思えば、また中学受験を始められたり、なにをしたいんでしょうか?」


読んだ時、一郎はどきっとしました。このメッセージが氷のように冷たいからではありません。書いた方の性格が想像されるからでもありません。ご指摘のとおり、一郎自身、何をしたいのかわからなくなっていると気づかされたからです。


結局私も人の親。昨日は絶望し、今日は楽天し。そもそも躁うつ病の気があるので、なおさらのこと。病人を許してください、ひつじさん。


次第に受験日が近づくにつれて、益々いかれ親ぶりを発揮するんでしょう。ほんと中受は大変です。冷静に、冷静に。気づきのチャンスをくれたひつじさんに感謝。今晩は羊を数えて眠ろう。


Good night.

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。