希望を失くすな東京中受2019

今回は力を抜いて楽にやります。

どんよりとした梅雨空に思うこと

今日は朝からよく降ります。結構な雨で街もひんやり。でも、学習は熱く継続中。


いよいよ受験本番の夏だ。


一郎は、相変わらず電話帳を目の前において、それとの取り組み方を考えています。


そうだな、算数は、これを基本的にフォローしながら、プラスアルファの強化も図りたい。電話帳をメインに据えて、かつ良質な問題集もやって、算数の成績アップを目指そう。本科教室を使った予習も大事。時間がかかる。


国語は読解問題が中心。電話帳にたくさん問題が出ているので、これをまじめにやろう。これで十分だ。漢字と語句のほうは、先輩ママの助言で始めた問題集を進めている。おかげで漢字力は上昇傾向。


とここまで書いて、この前の模試の悪夢がよみがえってきた。しっかり準備したはずが、結果は惨敗。一郎もメンタルぼろぼろに。


なるようにしかならない、という仏陀の言葉にすがりながら、厳しい旅が続く。この道はどこに続くのか。


外はどんよりとした梅雨空。一郎の気持ちも。。。。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。